トリキュラーは避妊薬ピルとして有名なお薬ですが、太りやすくなるという噂があります。副作用も少なく非常に使いやすいトリキュラーですが、その噂は本当なのか調べてみたのでご覧ください。

  • ホーム
  • 医薬品のトリキュラーのデメリットを知ろう

医薬品のトリキュラーのデメリットを知ろう

最近は、男女間の性交渉の際に妊娠を防ぐための避妊方法として、従来通りのコンドームのほかにも経口避妊薬であるピルも知られるようになっています。
10年以上前に日本でも医薬品として承認されるようになり、徐々に浸透してきました。
海外の国では避妊方法としてメジャーではあるのですが、日本でも使われる機会が増えたのです。
ピルというのは、ホルモン剤の入っている錠剤であり、服用することでホルモンバランスを整えることができるものです。
生理周期を28日間に固定することができたり、生理をずらしたりすることもできるので、月経のコントロールには最適です。
もちろん避妊効果も高く、正しく服用することで100%に近い成功率を誇る避妊方法でもあるのです。
中でもトリキュラーは日本で最も人気の高いピルの一つです。
初心者であっても使いやすいので、とても便利な医薬品でもあるのです。
また、飲み始めにおこることがある不正出血などのトラブルも起こりにくい薬でもあるのです。
デメリットとしては、いくつかの副作用などを挙げることができるでしょう。
むくみや気持ち悪さの症状が起こったりすることもあるのですが、徐々に体が慣れていくようになることでしょう。
しかしながら、40歳以上の人や高血圧、肥満気味の人では血栓症になる可能性が高いので、服用には十分に気をつけるようにしましょう。
また、ホルモンの関係で大人ニキビが出ることがあったりする場合もあります。
このように、トリキュラーは経口避妊薬として人気のあるものではあるのですが、服用の際の注意点もあるので、それを知った上で取り入れるようにするといいでしょう。
うまく使えばとても便利な医薬品なのです。