トリキュラーは避妊薬ピルとして有名なお薬ですが、太りやすくなるという噂があります。副作用も少なく非常に使いやすいトリキュラーですが、その噂は本当なのか調べてみたのでご覧ください。

  • ホーム
  • トリキュラーの用途、間違えたときはどうなるの?

トリキュラーの用途、間違えたときはどうなるの?

トリキュラー最近一番人気のある低用量ピルです。
基本的な用途は避妊のためで、正しく使えば100%に近い確率で避妊することができます。
ピルには一相性と三相性の2種類のものがあり、トリキュラーは三相性のものです。
三相性のものは飲む時期によって薬が異なり、錠剤の中に含まれているホルモン量が違います。
そのため体内に吸収されるホルモン量を最小限にすることができるため、体への負担が少なくて済むというメリットがありますが、間違えて違う錠剤を服用する可能性があります。
その場合基本的に問題はありませんが、医師と相談して続きを飲むか、はじめからやり直すのかを検討する必要があります。
一方一相性のものは全錠剤で同じ量のホルモンが入っているため、体への負担は大きくなります。
しかし、間違えて違う錠剤を服用してしまっても、問題はありません。
トリキュラーには21錠タイプのものと28錠タイプのものがあります。
基本的にどちらも効果に違いはありません。
21錠タイプでは、順番に毎日飲んでいき、3週間飲み続けた後1週間の休薬期間があります。
その後また最初から服用を始めることになります。
この場合、1週間の休薬期間ですっかり飲むことを忘れてしまう人がいるため、28錠タイプでは特に効果のない錠剤を1週間服用することで、薬を飲むのを習慣化させています。
服用の際には、特に服用を始めたときにホルモンバランスの変化から、ごくまれに副作用が起こるときがあります。
不正出血や乳房の張り、吐き気などです。
しかし副作用の発症はかなり低く、自然と改善していくものも多いです。
まだまだ国内では定着していませんが、用量・用法を守って使えば100%に近い確率で避妊できますし、月経痛や月経不順などにも効果があります。