トリキュラーは避妊薬ピルとして有名なお薬ですが、太りやすくなるという噂があります。副作用も少なく非常に使いやすいトリキュラーですが、その噂は本当なのか調べてみたのでご覧ください。

  • ホーム
  • トリキュラーの服用の仕方とは

トリキュラーの服用の仕方とは

笑っている女性

トリキュラーは低用量ピルの1つで、正しい服用方法をすることで高い避妊の効果や子宮系の病気の治療、月経前症候群の軽減などに効果を発揮することが出来ます。
そして正しい服用方法とは、毎日同じ時間に服用し、シートの服用の順番を守ることにあります。
トリキュラーに限らないですが、低用量ピルは妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが必ず配合されています。
体内に黄体ホルモンを摂取することで脳が身体は妊娠したと勘違いし、排卵を停止するように指令を出します。
そのため身体の中の黄体ホルモンを一定の濃度に保つために、一定の間隔で服用しなければなりません。
毎日ピッタリ同じ時間に服用するのは非常に難しいですが、1時間程度のズレであれば同じ時間帯に服用しているとみなしても問題はないでしょう。
そのためトリキュラーを服用する時間は毎日、就寝前にするなど、自分の生活の中で習慣化しやすい時間帯に服用することをお勧めします。
またトリキュラーは3相性ピルと呼ばれる低用量ピルで、女性本来のホルモンバランスに近付けるため、薬の成分は3段階で異なります。
女性本来のホルモンバランスに近付けているために、不正出血が起こりにくかったり他の低用量ピルと比較すると副作用が出にくいというメリットがあります。
しかしその効果を得るためにはトリキュラーを服用する順番をしっかりと守る必要があるのです。
他にもトリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがありますが、休薬期間に偽の薬を服用するか服用をしないかの差です。
どちらが良くて悪い、という訳ではないので安心して下さい。
トリキュラーは、服用する時間を生活の習慣と共に決めることで服用忘れを防ぐことが出来、シートの服用の順番を守ることで効果を発揮することが出来る、女性の強い味方なのです。