トリキュラーは避妊薬ピルとして有名なお薬ですが、太りやすくなるという噂があります。副作用も少なく非常に使いやすいトリキュラーですが、その噂は本当なのか調べてみたのでご覧ください。

微笑んでいる女性

トリキュラーは国内でもっとも利用されている低用量ピルです。
市販されている商品には、トリキュラー21、トリキュラー28というものがあります。
服用の仕方は、21錠を毎日飲み続けた後、1週間の休薬期間をおいてから、再び服用する、というサイクルを繰り返すだけなので、比較的飲みやすいものだといえます。
トリキュラーのような低用量ピルは、処方せん医薬品になっています。
なので、国内では病院で診察を受けて処方箋を使って購入することになります。
しかし、最近はネットの通販などで気軽に購入することができるようになってきており、服用している人も増えてきています。
安心できる通販サイトでトリキュラーを注文して服用してみるのもいいでしょう。
トリキュラーなどの低用量ピルを服用したことがない人には、ピルを飲むと太る、というイメージを持っている人もいます。
低用量ピルの成分である女性ホルモンのプロゲステロン、エストロゲンというものは、女性の体の健康状態を維持するためには不可欠なものです。
このプロゲステロンというものは、体内の水分を維持したり、食欲を増進させる作用があります。
食欲増進やむくみにより、ピルを飲む前に比べると体重が増加してしまうことがあるのは確かです。
体重増加や食欲増進になってしまうには理由があります。
ピルが作用したのはホルモンバランスです。
つまり、妊娠している状態と同じ体の状況になっているので、体が栄養を欲している状態です。
本当に妊娠している場合は赤ちゃんのためにも栄養を摂取する必要がありますが、ピルによる副作用はあくまでも表面的なものなので、服用している本人次第ともいえます。
また、逆にピルを飲んでいると痩せる、という人もいます。
しっかりと食事の管理を行うこと、運動をしていれば、ピルを飲んでも痩せることは可能です。
自分にあったピルの服用して、自分が妊娠している体と同様の状況である、ということをしっかりと自覚し、不摂生のないように生活していればいいだけです。